注目キーワード

脂肪酸、必須脂肪酸って何?種類や機能をわかりやすく解説!!

今回は「脂肪酸」の種類や機能について解説していきます。

 

脂肪酸とは?

脂肪酸は脂質を構成する主要な成分です。

脂肪についてはこちらのページを参考にしてください。

関連記事

脂肪とは何でしょうか? ダイエットするには悪者と考えがちですが、人間の身体を構成する重要な栄養素でもあります。 今回は脂肪について解説します。   脂質(脂肪)とは何か? 脂質とは、糖質やタンパク質と並んで身[…]

 

体脂肪として蓄積される中性脂肪は、グリセロールという物質に脂肪酸が3つ結合してできています。

脂肪を燃焼するときにはグリセロールから脂肪酸が分離します

分離した脂肪酸が血液で筋肉まで運ばれて、エネルギー源になります

 

構造をみると、「炭素鎖」と呼ばれる鎖のようにつながった炭素があります。

この炭素鎖の長さや形によって分類され、機能が変わってきます。

 

脂肪酸の種類

脂肪酸は大きく分けて、飽和脂肪酸不飽和脂肪酸の2種類に分類されます。

 

飽和脂肪酸

飽和脂肪酸は炭素鎖の中に二重結合をもたない脂肪酸です。

二重結合がないので他の物質と反応しにくく、化学的に安定している物質です。

このため、貯蔵に適しているということで、体脂肪の主な材料になります

 

また、飽和脂肪酸は基本的に「常温で固体」という特徴があります。

例えば、牛脂やラード、バターなどには飽和脂肪酸が多く含まれています。

飽和脂肪酸の摂りすぎはコレステロールを増やし、動脈硬化や脂質異常症を引き起こすため、注意が必要です。

 

飽和脂肪酸は炭素鎖の長さで3種類に分類されています。

短鎖脂肪酸

炭素数4~6。

乳製品やバターに多く含まれます。

飽和脂肪酸としては珍しく、常温で液体です。

中鎖脂肪酸

炭素数8~12。

乳製品やバター、パーム油に多く含まれます。

長鎖脂肪酸

炭素数14以上。

動物性脂肪や落花生に多く含まれます。

 

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸は炭素鎖の中に二重結合をもち、化学的に不安定な脂肪酸です。

体内では貯蓄よりも細胞膜などの材料エネルギーとして利用されやすいとされています。

 

不飽和脂肪酸は常温では液体で、コレステロールの低下や動脈硬化の予防など、健康に良い効果が報告されています。

一価不飽和脂肪酸

炭素鎖の中に1つの二重結合をもつ脂肪酸です。

一価不飽和脂肪酸の代表であるオレイン酸はオリーブオイルに多く含まれます。

また、ナッツ類やアボカドにも含まれています。

オレイン酸にはコレステロールを下げる作用があり、心疾患の予防に効果があると言われています。

多価不飽和脂肪酸

炭素鎖の中に2つ以上の二重結合をもつ脂肪酸です。

n-3系n-6系と呼ばれる脂肪酸はいずれも多価不飽和脂肪酸です。

 

n-3系の脂肪酸であるα-リノレン酸はしそ油やなたね油に多く含まれ、コレステロールを下げる効果があります。

また、魚油に多く含まれるIPADHAもn-3系の脂肪酸で、動脈硬化や脂質異常症を予防する効果があります。

 

n-6系の脂肪酸にはリノール酸アラキドン酸があります。

これらはごま油やサフラワー油などに多く含まれます。

リノール酸やアラキドン酸はコレステロールを低下させ、動脈硬化を予防します。

 

必須脂肪酸とは?

脂肪酸の中には体内で合成できないものや合成量が少ないものがあります。

これらは食事から摂取しなければならず、必須脂肪酸と呼ばれます。

  • リノール酸(合成できない)
  • α-リノレン酸(合成できない)
  • アラキドン酸(合成量が少ない)

この3つが必須脂肪酸です。

 

必須脂肪酸の機能

必須脂肪酸を摂取すると、体内でアラキドン酸やIPA、DHAが合成されます。

これらは細胞膜の材料として重要な物質で、膜の機能を健全に保つ作用があります。

また、子どもにおいては身体の成長脳の発達にも必要な栄養素です。

必須脂肪酸が不足しないように、質の良い油を摂取することを心がけましょう。

 

必須脂肪酸が多く含まれる食品

必須脂肪酸は魚類や植物油に多く含まれます。

必須脂肪酸を多く含む食品

  • 魚油
  • 大豆油
  • コーン油
  • ごま油
  • 紅花油
  • ひまわり油
  • くるみ
  • しそ油
  • えごま油

・普段の食事で魚を意識的に食べる

・油は植物油を中心にとる

こういったことで必要量を摂取できます。

 

さいごに

いかがだったでしょうか?

脂質を摂取する際はできるだけ飽和脂肪酸ではなく、不飽和脂肪酸や必須脂肪酸が多く含まれる食品を選ぶようにしましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。